1. HOME
  2. ブログ
  3. マレーシア
  4. ビジネス
  5. アンワル首相の訪日により、65億6,000万リンギの投資が期待

MALAYSIA NEWS

マレーシアニュース

ビジネス

アンワル首相の訪日により、65億6,000万リンギの投資が期待

 

アンワル首相の訪日により、65億6,000万リンギの投資が期待される アンワル・イブラヒム氏は、マレーシアと日本との関係が投資協力、貿易、教育、テクノロジーの面で新たな変化を見せているのは明らかだと語った。
アンワル・イブラヒム首相は、日本訪問は成功だったと述べた。 アンワル・イブラヒム首相の日本・アセアン特別首脳会議に伴う実務訪問は、65億6,000万リンギ 相当の潜在的な投資を呼び込むことに成功した。
アンワル氏は、日本の岸田文雄首相を含む現地関係者との会談に基づき、マレーシアと日本の 関係が投資協力、貿易、教育、技術の面で新たな変化を迎えていることは明らかだと述べた。
「今回の訪日は誇るべき成功であり、65億6,000万リンギ相当の潜在的な投資を呼び込むことに 成功した」と同氏は本日ここで日本訪問を終えた記者会見で語った。
前回のマレーシア代表団の6月の日本訪問中に確保された230億リンギ相当の潜在投資額と合 わせて、日出ずる国への訪問による累積潜在投資額は295億6000万リンギットとなる。
マレーシアに投資している日本企業3社、ローム和光、NEC、三井物産も土曜日の個別会合で 投資拡大の意欲を伝えた。
アンワル氏は、潜在的な投資は新規投資または既存投資の拡大の形になる可能性があると述 べた。
土曜日、アンワル氏は日本の企業3社および業界リーダーらと対面で会談した。
記者会見にアンワル氏とともに同席したテンク・ザフルル・アジズ投資・貿易産業大臣は、65億 6000万リンギ相当の潜在的な投資に関与するセクターについて尋ねると、再生可能エネル ギー、電気・電子、化学、デジタルセクターが関与していると述べた。
アンワル氏は、日本の投資家は現在マレーシアに対してより自信を持っており、日本のメディアも この国について多くの好意的な評価を掲載していると語る人もいると述べた。
中小企業を含む日本企業は非常に心強い反応を示しており、その中にはコタバルに投資してい るローム・ワコーも含まれる。
同氏は同社に対し、大規模な第二段階投資を追加できるよう、政府が必要なインフラを提供する と約束した。
「彼らは長年にわたってそこに投資しており、現在投資を拡大できるかどうかについて連邦政府 のゴーサインを待っているところであるため、要請はできるだけ早く迅速に行われる予定です。」
「彼らはマレーシア国民の規律や労働倫理にも満足している」と同氏は投資家にとってのもう一 つの魅力について言及した。

出典元記事
https://www.freemalaysiatoday.com/category/nation/2023/12/18/anwars-visit-to-japan-attract s-rm6-56b-in-potential-investments/

2023 年 12 月 18 日

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事